さいきごまだし

佐伯ごまだし(タイ)

佐伯伝統の万能調味料

タイは白身の魚でクセが少ないため、上品な味わいです。
ご飯にごまだしをのせ、お茶をかけるだけで、簡単にお茶漬けとして美味しくいただけます。


食卓にもっと魚を取り入れよう!

トキハ本店・別府湾サービスエリア・海の市場○、AKOMEYA TOKYO など

本商品は、佐伯市内の漁村町で各家庭に古くから伝わる“郷土料理ごまだし”をより多くの人に味わってもらいたいと思い、商品開発したものです。
量産化するに当たり、原材料がシンプルかつ素朴なだけに、調味料等の副材料にもこだわって、多くの人に、懐かしい、と思わせる味を維持することにこだわりました。
各家庭で“ごまだし”の味はそれぞれ違いますが、主原料の魚の種類を変えることで、商品を多様化するなどの工夫をこらし、地域にん根付く商品になったと思います。
近年では類似品も多く出回っていますが、網本の家という利を生かし、どこよりも新鮮な魚を使って作る”ごまだし“は、その美味しさで他社製品との差があると信じてます。
地の利を生かし、どこよりも早く、新鮮な魚を手に入れることができ、魚の美味しさを損なうことなく、次の工程に進むことができます。ごまだしの美味しさを追求すれば、主原料である魚の美味しさが必須。
これは類似品とは明らかに差がつくものと思います。
その最高の状態の魚の含有量が他社製品よりも多く“めばるのごまだし”美味しいと評判を呼び、近年では様々なTV番組で取り上げられ、話題となったことから、その受注量が急増しています。
ごまと魚の相乗効果で、コレステロール値やカルシウムを気にする健康志向の方たちに特に人気を博しています。

当グループが結成された経緯の一つに、水揚げされた魚のうち、小さかったり形が崩れたものをそのまま廃棄処分されるのを見て、見た目にはよくないが味には全く問題ない魚をどうにかして使用できないか、せっかくの命を無駄にせずにいただけないか、というのがありました。
そのような魚も加工してしまえばしっかりとした付加価値が付き、商品として立派に送り出すことが出来ます。
そのことで、地域の雇用を増やし、活性化につながれば幸いと考えてます。各家庭での調理が面倒な”ごまだし“は、最近では家庭でつくられることもなくなってきていることから、”ごまだし“をより多く知ってもらうためにも、万能調味料としても使えるごまだしの新たな活用方法を教えるべく、食育の面からも子育て世代を対象とした料理教室を定期的に開催しています。
“郷土料理ごまだし”は、行政の積極的な支援やB1グランプリ等イベントへの出店、メディア報道のおかげで、大分県内のみならず県外での認知度も随分上がってきたものと思われます。
この勢いに乗って、積極的に販路を拡大し、“郷土料理ごまだし”のみならず、佐伯全体をアピールできたら、と考えています。

          
事業者名 (合)漁村女性グループめばる
住所 〒876-1203
 佐伯市鶴見大字沖松浦1395-4
電話 0972-33-0274
FAX 0972-33-0274
ホームページ http://mebaru.webcrow.jp/
メールアドレス matyako@saiki.tv