さいきらすく

SAIKIラスク

1個

食材の存在感が際立つユニークさ

佐伯を代表する3つの名物(「ごまだし」「弥生の生姜」「鶴見のマリンレモン」)がラスクになって新登場しました。味の決め手は千億滴に人気の塩糀で、他では味わえないオリジナルラスクです。


生姜アジは2012年「S1スイーツグランプリ」で優秀賞を受賞!

パン工房トムソーヤ、さいきりーふ、海の市場○、さいき本舗城下堂

地元の食材を使い商品開発を始めたのは2009年から佐伯市葛港にある海の市場○に納品を始めたのがきっかけでした。そして同年から蒲江で始まった「浦スイーツ王選手権に参加しました。
第1回はごまだしメロンパンで入賞、第2回はオレンジのかほりのラスクで優秀賞、第3回はマリンレモンの香りたつ「レモンパン」で最優秀賞を頂きました。
そして2012年に行われたS1グランプリ・スイーツ王選手権で生姜のラスク「TOGAMUREラスク」で優秀賞を頂きました。この生姜のラスクを開発するのと同時進行でごまだしのラスク、マリンレモンのラスクも試行錯誤してました。
パンのスライスの角度から厚み、配合まで試行錯誤を繰り返し、特にマリンレモンは何度もの試作を繰り返しましたが、なかなかうまくいかず、あきらめかけていたときにテレビでスイーツの辻口シェフのスイーツがヒントになり、果汁で溶いたアイシングのトッピングという仕上がりになりました。
いかにして素材感をだすかがこの商品の課題でした。その頃、塩糀ブームが始まりました。
塩糀のラスクを考え試作を繰り返しましたが、うまくいかず、その時に思いついたのが甘酒でした。生姜を入れると美味しいので生姜のラスクに塩麹を入れてみたところ、素材感がグッと上がりました!それで3種類のラスクに塩糀を入れる事で祖哀感がグッと引き立ちました。糀のパワーがこの商品の価値を引き上げてくれています。

今後も地元の食材に注目し続けて、佐伯らしさを前に出した商品作りを目指して新たな商品開発を行って行こうと思います。そして、地元に根付き佐伯のパン屋さんとしてできる佐伯らしさを追究してまいります。そうすることにより、佐伯にゆかりの方々への贈り物・お土産になる様な商品を町のパン屋「パン工房トムソーヤ」から発信できればと思います。

          
事業者名 パン工房トムソーヤ
住所 〒876-0835
佐伯市鶴岡町3丁目
電話 0972-24-8237
FAX 0972-24-8237
ホームページ
メールアドレス