ししゃもまるぼし

ししゃも丸干

1箱

鮮度抜群、ワンランク上のシシャモをどうぞ

脂のりの良い卵のたっぷり入った樺太シシャモを厳選しています。
また、じっくり干す事で、旨みを引き出しています。
フライパンやグリルで焼くか、油で揚げても美味しく頂けます。


素材は一匹ずつ自分の目で確かめています。

ひもの屋ヤマジン(佐伯工場直売所)、海の市場○、トキハ本店、道の駅やよい

樺太ししゃもは栄養価の高い優れたさかなです。
骨が柔らかいので頭から丸ごと食べても抵抗のない数少ない魚です。
カルシウムの吸収率もよく子供達やご年配の方たちに是非召し上がっていただきたいお勧めのさかなです。
又、元来日本で獲れるししゃもは全体の5%程度で数十年も前からししゃもといえば、この樺太ししゃものことを指し示していた経緯があります。
昨今魚離れが進んで行くなか、魚の形を変えて食べやすくしてあげるのも必要ですが、魚の姿のまま食するということも必要ではないかと食育の一つではないだろうかと考えます。
こういう魚を大分(日本国内)できちんと安全に生産する、消費者の方たちに安全安心なものを提供していきたいと考えております。
干すことで旨みを引き出しますが、弊社独自の塩加減、乾燥温度帯、乾燥時間など長年試行錯誤しながらたどり着いた製法で生産しています。

全国の学校給食でも樺太ししゃもはメニューの一つとして使用されています。
弊社も他県の学校給食等にも使って頂いております。
樺太ししゃもは輸入魚ではありますが、現地で獲れた魚を大型の設備の整った工場で冷凍され、冷凍コンテナにて弊社の佐伯工場の方に直接送られて来ます。
佐伯の地元できちんと生産されたこの樺太ししゃもを是非率先して地元でも使用して頂けるような取り組みをしていきたい。
ししゃもは栄養面などでも優れた魚ですが、中国やベトナム、インドネシアなどでも生産され、日本国内での生産量を海外加工の方が上回る状況下にあります。
しかしながら、海外加工の方が安く国内で売られているため、学校給食さえも海外加工を使用している所が多いのが現状です。
国内で作った安全なものを子供達に食べさせていけるような制度はできないものかと思っております。
昨今魚離れが加速する一方で、水産庁も魚の国が魚離れをしていく事を危惧し、ファストフィッシュ等への取り組みを始めておりますが、国や地域が連携して日本の食を守っていく取り込みを継続して頂けるよう願います。

          
事業者名 株式会社 ヤマジン
住所 〒876-0822
 佐伯市西浜3-8
電話 0120-014-778 / 0972-22-4266
FAX 0972-22-4469
ホームページ http://himonoya-yamajin.jp
メールアドレス info@himonoya-yamajin.jp