えそのてづくりすりみ

エソの手造りすり身

1枚

もう1品!に使える海の常備菜

豊後水道で水揚げされた最高級のエソを使用し、創業当時から変わらない伝統製法で仕上げた安心・安全なすり身です。
鍋料理やみそ汁に使えばいい出汁になり、具材としてもおいしく召し上がれます。


地元産の材料で丁寧に作っている安心、安全な食品をどうぞ。

道の駅かまえ、マルミアストア(蒲江店、中ノ島店、野口店、金池南店、別府駅店、鶴崎森店)
トキハインダストリー佐伯店、Aコープ(かまえ店、鶴見店、アニマード店)
ユーマート中山店、さいき本舗城下堂

蒲江を始め佐伯ではエソがとてもメジャーな土地柄であります。ごまだしやそぼろなど色々な加工の材料として使われてきた魚です。その中でもすり身とは古くから漁師さんの家庭では当たり前の郷土料理のひとつでした。
エソの需要が近年高まりつつありますが、当店が使用しているエソは釣り物にこだわり、漁師さんが一本づつ丁寧に扱われた一級品を使用しております。その最高品質のエソを伝統の製法と品質を低下させない工夫で仕上げています。
大手の練り製品のほとんどが輸入品の魚で作られれいます。けしてそれが悪いことではありませんが、当店のこだわりである地場のエソを使用して造るっていうことを創業当時からの信念であります。
コスト面では割高にはなりますが、佐伯市内の同業者の方はあまり使ってはいませんが、パックを嵌合タイプを使用しております。乾燥や不純物の侵入を防ぐ効果があります。この様な工夫・商品流通経過などに気を付けております。

今、佐伯市内で数多くのすり身製造が行われています。ごまだし・お寿司などの様に、一企業で何かをおこすのではなく、行政のバックアップを受け、TVや雑誌の特集などに売り込めたらもっと全国的に有名になると思います。
これからは同業者ではありますが、手を取り合って良い宣伝をし、購買者の増加を図れば良いと思いますが、その支援・協力体制のバックアップをお願いしたいです。

          
事業者名 株式会社 早川商店
住所 〒876-2401
 佐伯市蒲江大字蒲江浦3546-7
電話 0972-42-0178
FAX 0972-42-0178
ホームページ http://hayakawa-surimi.jp
メールアドレス h-hayakawa@saiki.tv